イギリス英語とアメリカ英語の違い

 

イギリス英語(British English)とアメリカ英語(American English)では、発音スペリング、それに単語の意味言い回しなどが違うことがあります。

「英語」というとひとくくりで考えがちですが、実は思いのほか地域でバラバラ。

ではどれくらい違うかというと、イギリス進出を考えるアメリカ企業が
「翻訳者募集。元言語:アメリカ英語 → ターゲット言語:イギリス英語。」
と求人広告をうつほど違う。

YouTube などの大手のサイトで言語設定ができるところでは、英語の選択肢が English(UK) と English(US) とふたつあるところも多い。

狭い日本国内でも各地に方言があるのを考えれば、広大な英語圏の地理的距離からそれぞれがそれぞれの進化を遂げていったのは当然ではあります。

英米語をおおまかに比べてみました。

発音

イギリス英語は母音の発音が乾いています。

たとえば城を意味する “castle”
イギリス発音だと『カースル』(/ˈkɑːsl/)
アメリカ発音だと『キャッスル』(/ˈkæsl/)

花瓶を意味する “vase”
イギリス発音だと『ヴァーズ』(/vɑːz/)
アメリカ発音だと『ヴェイズ』(/veɪs/)

イギリス英語では “a” 音は軽く乾いていて、アメリカ英語では『ャ』『ェィ』など湿った/ひねった音であることが多い。

あと、イギリス発音のほうが丁寧だと感じることが多いです。
ニュースを聞いていても、たとえば頻出単語の“international”(国際)、BBCなどイギリス系では『インターナショナル』ときちんと発音しているのにくらべてCNNなどアメリカ系では『イナーナァショナル』。米国では子音が崩れる現象が散見されます。

言い回し

イギリス英語はワンクッション感があります。

国民性を反映しているのか、気さくなストレート感のアメリカ英語にくらべて一歩引いていて、日本語と通ずるところが。

「イギリス人とはどういう人種か」なあれこれをひとコマ風刺マンガでまとめたユーモア本で『The How to be British Collection』というのがあるのですが、その表紙からも「イギリス英語はかくありなん」というのが見て取れるかと↓

イギリスに滞在したことがある人なら、「あるある~!」と大うけするネタが満載。
バカバカしいながら、イギリス人の本質をついていてニヤリとさせられる本で、英国に興味がある人にお薦めの一冊です。

The How to be British Collection

そういえば、イギリスの大学院に留学してすぐにわたしが学習した単語が “presumably”(「おそらく、多分」の意)でした。文中にも文頭にも多用されていて、「うへぇ、ずいぶん『推し量る』人たちなんだなあ」とビックリしたのを覚えてます。断言や断定を避ける知恵ですね。

英単語

まず、単語の意味が同じでスペルだけ違うものがあります。

“colour”(英)
“color”(米)

“centre“(英)
“center“(米)

“advertise“(英)
“advertize“(米)

“cheque“(英)
“check“(米)

などです。これはパターンがあるのですぐ慣れます。
ほかには”aeroplane”(英)と”airplane”(米)、”aluminium”(英)と”aluminum”(米)など。

誤解をまねいたりしてやっかいなのが、単語は同じなのに英語と米語で意味が違うもの。意味が違うまでいかなくても、「一般的にはこっちを使う」というレベルで違う単語もたくさんあります。

では、あなたの「イギリス英語」度は?

参考までに、イギリスとアメリカで違う英単語をいくつかリストアップしてみました。「我こそは!」と思う方はどれがイギリス英語か当ててみてください。

『イギリス英語度チェック!』クイズ