Dec 152011
 

「ママ、赤ちゃんつくって?弟が欲しいの。」

どひ~。
スーパーでお買い物中、突然 八重からのご要望。

「う~ん、無理だねえ (^―^;)」

すると、頭をかしげて考え込む。
あのちっちゃい頭の中で、何がどう展開してるのやら。

「・・・わかった!パパが最近全然チューしてくれないから出来ないんでしょ?パパにお願いしてあげる!何回チュすれば赤ちゃんが出来る?」

うああ。やめてえ。
地元のスーパーでそんな大声で~・・・ (TT◇TT)

そこでよみがえる、3年前の邪鬼との会話。

邪: 「イギリスではさ、性教育は、娘には母親が、息子には父親がするものなんだ。だから、さくらよろしくね。早い子は3歳くらいで教わるし、ウチも、もうそろそろ教えてあげたほうがいいよ。」

3歳?!えっ、園児に性教育? なんか早くない???
説明しても、意味通じないんじゃ?かえって変に意識しちゃったりとか・・・。
何かきっかけがあったわけでもないならば、そんなわざわざ教えなくても・・・
早けりゃいいってもんでもないような?
・・・と、逃げに逃げること3年間。

すっかり忘れてた。

あああ。ついにきたか~。

その夜、ちびが邪鬼に「弟が欲しいから、ママにチュして」と直訴してしまい、

邪: 「さくら、まだ(性教育)してなかったんだね…?」 (ー”ー )

あ、ばれましたね。

邪: 「ボクは5歳の時だったよ?早くしなよ!」
さ : 「え~、わたしなんて13歳だったよ? しかも学校で、一同を体育館に集めて、保健体育の授業で先生がやってくれたのにぃ。」

邪: 「さくらは親としての責務を放棄するの?」 ( ̄ヘ ̄)むっ

うう・・・ちょっと言ってみただけ・・・ (ρ_;)

そうだよね。性教育は親がきちんとするべきだよね。
大切でデリケートなことだからこそ学校任せにしないで、親が自分の子どもの理解程度を把握しながらきちんとしないと。
でも、自分自身が『親からの性教育』を経験してないせいか、やっぱり躊躇してしまう。

しかも、八重は『質問魔』。
「なんで? どうして?」の質問が山ほどくるのが分かっているだけに、腰が引けまする (;_;)

 Leave a Reply

(必須)

(必須)

*